AmbushFX(アンブッシュFX)の特典の使い方

AmbushFXの特典、「Ambush_Indian_EA」の使い方がよくわからないというご指摘を頂きましたので少し解説させていただきます。

Ambush_Indian_EAのインストール

ダウンロードしていただいたファイルを解凍してできるフォルダ「Ambush_Indian_EA」には

experts」というフォルダーとreadme.txtがあるはずです。
ambushインストール

この「experts」フォルダーの中身をMT4をインストールしたフォルダーの「experts」フォルダーにコピーします。

「experts」フォルダーの中には「Ambush_Indian_EA.ex4」の他に
「indicators」及び「libraries」というフォルダがありますのでこれらも忘れずにコピーして下さい。
ambush_2

Ambush_Indian_EAの起動

MT4を再起動し、チャートを開き、「ナビゲーターウィンドウ」からAmbush_Indian_EAをチャートにドラック&ドロップして下さい。
ambush_3
こんな感じの画面になれば成功です。
※最初にEAを適用する現在時刻が開始時刻前の場合(バックの色が黒)はPriceのみ表示されます。
開始時刻になれば取引に必要な数値が表示されます。
ambush_4
ニコちゃんマークが表示されていることを確認して下さい。
なお、時間足については「1時間足」より下位の足(30分足や15分足等)であれば正常に動作するはずです。

パラメーターの設定について(重要)

この設定は超重要なので確実に行って下さい。
「F7」ボタンを押してEAの設定ダイアログを開き「パラメーターの入力」タブをクリックするとこのような画面になります。
ambush_10

▶時間帯の入力について

時間帯の入力についてはブローカーのサーバーが国内にあるか否かによって設定が変わるのでご注意下さい。

▶サーバーの確認方法

例えばFXTFのMT4のサーバーのように気配値ウィンドウに表示される時刻と現在の時刻が同じであれば国内サーバー、
ambush_6
Pepperstoneのように違う時刻が表示されれば国外サーバーだと思われます。
ambush_8

1.国内サーバーの場合

商材のPDFの「AmbushFX ロジック」の「AmbushFX 取引の流れ(ロジック)
の1、2、3に書いてある時間を参考に入力してください。

例えば、仮に開始時刻が「9:00」で終了時刻が「17:00」の場合は
「●●●_Start」には「9:00」「●●●_End」には「
17:00」を入力して下さい。

これでOKだと思います。

2.国外サーバーの場合

国外サーバーの場合は、まず日本時間とのずれを確認します。
ボク環境では例えば現在時刻が19:30分ですがPepperstoneの気配値表示の時刻12:30であり、7時間のずれがあります。
(↑の図をご覧ください)

この場合、パラメーター入力ダイアログに入力する時刻は日本時間から7時間引いた時刻を入力して下さい。

例えばの話ですが、日本時間の開始時刻が仮に 9:00、終了時刻が17:00である場合、Pepperstoneの場合は
開始時刻 2:00 終了時刻 10:00 と入力して下さい。

これでOKだと思います。

なお、プログラムの仕様で時間の設定が24:00をまたぐような設定、例えば開始時刻が20:00で終了時刻が28:00等としても正常に稼働しませんので、その場合は国内のブローカーのサーバーで運用していただくようお願いいたします。

AmbushFXツール解説動画

以下、動画による解説です。


ポンドドル専用自動売買EA

Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSDをプレゼントいたします。
詳細は「AmbushFXの特典バージョンアップのご案内」をご覧ください。

AmbushFXを特典付きで購入する


前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

6 Responses to “AmbushFX(アンブッシュFX)の特典の使い方”

  1. momo より:

    教えてください。
    こちらのサイトよりAmbushFXを購入したものです。
    特典ありがとうございます。

    MT4を起動すると、expertsのフォルダから
    Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD.ex4が削除されてしまいます。
    何故だかわかりますか?
    使用しているMT4はFOREX.comのデモアカウントです。
    よろしくお願いします。

    • Michi Michi より:

      momoさん、こんにちは。

      お返事遅くなって大変申し訳ございません。
      AmbushFXをご購入いただきましてありがとうございました。

      Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD.ex4が削除されてしまう(ように見える)症状なんですが、MT4がbuild600にバージョンアップされたことによるものだと思われます。
      急いで対策ページを作りたいと思っておりますが、とりあえず、
      http://www.eamt4.net/ambushfx/ambushfx_tokuten.html
      にインストール方法の動画を載せてありますのでご覧いただければと思います。
      よろしくお願いいたします。

      • momo より:

        早速、お返事ありがとうございます。
        一旦、のFXDDのMT4をインストールしたところ、問題なく起動しました。
        お手数をおかけし、申し訳ございません。
        よろしくお願いいたします。

        • Michi Michi より:

          momoさん、こんばんは。

          そうですか。よかったです(^^)
          今後ともよろしくお願いいたします。

          • GT より:

            momoさんがコメントされた
            「Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD.ex4が削除されてしまう」
            という件、FXDDで解決されたということですが、
            私のMT4でも同じ症状が起きてます。

            Pepprsoneを使用しており、まだbuild509です。
            (アップデートされない)

            で、Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD.ex4をセットし
            MT4を立ち上げると、ファイルが消えてしまいます。
            なぜでしょうか??

            教えて下さい。

            • Michi Michi より:

              GTさん、こんばんは。
              お返事おそくなって申し訳ないですm(__)m
              ご質問の件ですが、

              圧縮ファイルのMQL4\Expertsの中身を mt4のexpertsへ

              MQL4\Indicatorsの中身をmt4の\experts\indicatorsへ

              MQL4\Librariesの中身をmt4の\experts\librariesへ

              コピーしていただければ多分動くんじゃないかと思います。
              お試しいただくようお願いいたします。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ