AmbushFXの特典バージョンアップのご案内

AmbushFXの特典バージョンアップのご案内

TamyさんからAmbushFXについてこのような情報を頂きました。

ボクも確認してみたところ、そのとおりだったので、AmbushFXにつけていた特典、

「Ambush_Indian_EA」

「Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD」

にバージョンアップすることにいたしました。

バージョンアップにより、AmbushFXのロジックについてその動作をEAにて確認していただくことができるようにしました。
↓10秒で見れます(^^)

ただし、動作が確認できるのはポンドドルのみです。
AmbushFXのもう一つの推奨通貨ペアである「ユーロドル」について自動取引を行ったり、バックテストによる検証をご希望の場合は、AmbushFX購入後に案内があると思いますのでそちらをご利用頂くようお願いいたします。

Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSDのインストール

【重要】2014年2月4日のMT4のバージョンアップに伴い、インストールフォルダが変更になっておりますのでご注意下さい。

インストールの手順は以下のとおりです。

1.圧縮ファイルの解凍

特典ファイルを解凍してできるフォルダ
AmbushFX_tokuten」の中身はこのようになっています。
up1

さらにフォルダ「Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD」の中身はこのようになっています。
up2

さらに「MQL4」の中身はこのようになっています。
up3

この「Experts」「Indicators」「Libraries」フォルダーをMT4(Build600)
にコピーします。

2.MT4にコピーする

①MT4画面左上の「ファイル(F)」→「データフォルダを開く(D)」を選択
up4

②データフォルダが開きます。
up6

※以下、お使いのPC環境によって、画面表示やフォルダ構成が異なります。

「MQL4」フォルダ配下に、インジケーターや自動売買プログラムを保存するフォルダがあります。
up7

③ここに、解凍した「Experts」「Indicators」「Libraries」フォルダーをそのままドラッグ&ドロップします。
up8

これでファイルのインストールは完了です。
④MT4を再起動して下さい。

Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSDの使い方

1.MT4を起動しGBPUSDの1時間足チャートを開き、ナビゲーターのエキスパートアドバイザーから「Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD」をチャートにドラッグ&ドロップする。
bandicam 2014-02-06 18-21-47-934

2.パラメータを設定し「OK」を押す
bandicam 2014-02-06 18-22-52-180

このような画面になり、自動売買のシミュレーションが行われます。
bandicam 2014-02-06 18-24-29-064

※注意
このEAはAmbushFXの動作検証をするためのものです。
デモ口座にて稼働させて頂き、実際の取引は行わないようにお願い致します

なお、ポンドドル以外のチャートにこのEAを適用した場合、チャートに
Symbol is not GBPUSD
の文字が表示されEAは正常に稼働しません。
bandicam 2014-02-06 18-26-39-580

ということで、この特典がAmbushFXを利用している全ての皆様のお役に立つことを願っています。

当サイトからAmbushFXをご購入いただいた方につきましては

特設ページ

からバージョンアップ版をダウンロードしていただくようお願いいたします。

AmbushFXを特典付きで購入する


前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

22 Responses to “AmbushFXの特典バージョンアップのご案内”

  1. j-fantom より:

    ご質問お願いします。

    MT4がバージョンアップしていないものは今まで通りExpertsに入れれば利用可能になるのでしょうか。

    初心者で申し訳御座いません。

    • Michi Michi より:

      j-fantomさん、こんばんは。

      ご質問の件ですが、今まで通りのフォルダーに入れれば利用可能だと思います。
      ただしMT4は自動的にバージョンアップされてしまうみたいですよ。

  2. もん より:

    お久しぶりです。
    Michiさんのお陰でMT4EAeditを知ることになり、様々に使っております。ところで、今回バージョンアップとなりましたが、私のは全然動作しなくなり困惑しております。Michiさんの方はいかがでしょうか、情報や気が付いたことがあればお知らせ頂けると幸いです。

    • Michi Michi より:

      もんさん、こんばんは。
      ボクも今試してみたんですがうまく動かないみたいですね(涙)
      作者さんの対応を待つしかないかもですね^^;

      • もん より:

        やっぱり、私だけではなかったんですね。
        メールで問い合わせても返事も来ませんし、その後はアンデリバリになってしまってます。何か情報ありましたら、ブログで紹介頂くと助かります。m(__)m

        • Michi Michi より:

          もんさん、こんにちは。

          先ほど改めてインストールをやり直してみたところ正常に稼働しました^^;
          ボクの場合、オンラインヘルプの記載どおりにやらなかったことが原因みたいでした。
          http://www32.atwiki.jp/mt4eaeditor/pages/15.html
          に記載しているとおりにやったらできたのでお試し下さいね。

          • もん より:

            新しいフォルダーにセットアップしなかったのが原因でした。
            ありがとうございます。

            • Michi Michi より:

              もんさん、こんにちは。

              問題が解決してみたいでよかったです。
              EAの作成がんばってください(^^)

  3. ダイダイ より:

    いつも楽しみに拝見させていただいております。

    Pepperstone build509の環境で使いたいのですが、
    Michiさんの特典がexpertsフォルダからMT4を起動すると削除されてしまいます。
    build600にアップデートされる気配がないです。build509版を特典で配布していただくことは可能でしょうか?

    ご検討お願いします。

    • Michi Michi より:

      ダイダイさん、こんばんは。
      お返事おそくなって申し訳ないですm(__)m

      後ほど配布ファイルを作りたいと思いますがお急ぎの場合は

      圧縮ファイルのMQL4\Expertsの中身を mt4のexpertsへ

      MQL4\Indicatorsの中身をmt4の\experts\indicatorsへ

      MQL4\Librariesの中身をmt4の\experts\librariesへ

      コピーしていただければ多分動くんじゃないかと思います。
      よろしくお願いいたします。

      • ダイダイ より:

        回答ありがとうございます。

        >圧縮ファイルのMQL4\Expertsの中身を mt4のexpertsへ

        やり直してみましたがダメでした。
        「build509版ではMT4を起動した瞬間に、Ambush_Indian_EA_baibai_GBPUSD が削除される」ようです。build509版を特典で配布していただきたいです。
        ご検討お願いします。

        • Michi Michi より:

          ダイダイさん、こんばんは。
          お返事遅くなってごめんなさいm(__)m
          build509版を作ってみたのでお試し下さい。
          http://www.eamt4.net/ambushfx/ambushfx_tokuten.html
          実はボクの環境では全てbuild600に強制的にアップデートされてしまいまして、動作確認できない状態なのでもしかしたら動かないってことも考えられるんですがどうぞよろしくお願いいたします。

          • GT より:

            Michiさん
            ダイダイさん

            こんばんは。

            同じことで悩んでいた(たぶん)者です。

            expertsからファイルが消えるということでしたが、
            とりあえず、私のMT4は解決(たぶん)したので
            お伝えします。

            まずBuild600は
            最初、PepperstoneBuild500からなかなか600に更新されなかったのですが、いつの間にかBuild604になっていました。

            マニュアル通り
            MT4を起動するterminalと同じところにあるMQL4-ExpertsにEAを格納していましたがMT4ナビゲーター上に表示されず
            悩んでいました。TrendRushも同じ現象だったので、販売者のななしさんのコメントで「データウインドウを確認下さい」とあったので確認したら、terinal上ではない別のところに有る事が分かりました。下記↓

            C:\Users\Administrator\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\*****
            (お名前.com)

            そこにEAを配置したら認識してくれました。
            正しいのか、間違いなのか、アップデートが不良なのか
            よく分かりませんが、、、

            現状報告まで。

            • ダイダイ より:

              Michiさん

              Build509版ありがとうございます。
              デモ口座で動くことを確認しました。
              迅速な対応ありがとうございました。

              GTさん
              アドバイスありがとうございます。
              GTさんもPepperstone Build509で、同じ現象のようですね。既に現象が改善されたようなので、よかったです。

              私のPepperstone Build509ですが、2日前にBuild600に自動アップデートされないように対策してしまいました。
              動かしているEAが、どれが動いて、どれが動かなくなるか予測がつかなかったので。

              • Michi Michi より:

                ダイダイさん、こんにちは。

                正常に動いたみたいでホッとしました(^^)
                状況が安定するまではアップデートしないほうがいいのかもしれないですね

  4. Michi Michi より:

    皆様おはようございます。michiです。
    いろいろご質問いただいているのにお返事できなくて申し訳ないです。
    ただいま旅行にでておりまして、明日の夕方には帰る予定です。
    皆様にはご不便をおかけしましてスミマセンm(__)m

  5. ななし より:

    GT様
    その他の皆様

    一部の環境でAppData….にデータが移動してしまったのは不具合ではなく仕様変更と聞いております。

    ここにも再度書かせて頂きますが、Build600系になってEA、インジケータが認識されないという方は、
    MT4→ファイル→データフォルダを開くをクリックし、フォルダ構成を確認してみてください。

  6. ミラコー より:

    Michi様

    はじめまして。
    こちらからAmbushFXを購入し、特典を利用させて頂いております。
    ロジックに忠実で、見やすく利用価値の高いEAだと思いますが、ブレイクアウトと逆方向にレートが動くことが多くあるように感じます。
    この点を改良すれば、さらに利益を積み上げることが可能になると思いますがいかがでしょうか?

    • Michi Michi より:

      ミラコーさん、はじめまして。

      AmbushFXをご購入頂いたとのこと、ありがとうございましたm(__)m

      ご質問の件ですが、これまで運用してみてボクもそのように感じることがあります。
      昨日、おとといあたりもきっとそうですね。

      で、実は逆方向に伸びた場合にもエントリーするEAを試してみたこともあるんですが、バックテストの結果はそれほど良くはありませんでした。

      改良のためのいいアイデアとかがあれば教えて頂ければ助かります。
      よろしくお願いいたしますm(__)m

  7. ジョウ より:

    Michi様
    お世話になっております。

    TPの数値もう少し近くにしたいのですが
    何か良い方法ありますでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • Michi Michi より:

      ジョウさん、こんにちは

      すみません、配布していたEA、ボラティリティを設定できるようにしていたにも関わらず、反映されていなかったみたいですね。
      今更ながらですが、ごめんなさいm(__)m
      結構多くの皆さんに使って頂いていたと思うのですが、この点をご指摘いただいたのは初めてでした^^;
      デフォルトは100固定なので、それほど問題はなかったのでしょうか・・・

      ということで、ボラの設定を反映できるように修正しておきました。
      bora1
      特設ページにアップしておきましたのでダウンロードしてご利用下さい。

      TPを近くに設定する場合はボラティリティを下げてください。

      最近ちょっと忘れかけていた商材ですが、バックテストしてみたら結構いい感じなんですね(^^)

      http://www.eamt4.net/wp-content/uploads/2015/07/ambushtest.htm

  8. Michi Michi より:

    ジョウさん、おはようございます。

    すみません、このロジック、しばらく使ってなかったのでどんなのだったか忘れてしまいました^^;
    あとでちょっと確認してみますねm(__)m

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ