FXアダムセオリー・マスタースクールの検証・レビュー

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールについて調べてみた

商品名

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクール(通称、ATS)

商品コンセプト

  • 「未来の値動きを予測する理論」である全世界のトレーダーのバイブル『アダムセオリー』を利用しているらしい。
  • 海外のトップトレーダー達からこの究極のFXトレード理論に関する情報収集を5年以上し続け、マックス岩本さんがついに「アダムロジック」を確立したらしい。
  • このアダムロジックをFX初心者でも効率的に学習を行い、落とし込めるレベルにまでシンプルに、具体的に練り上げたプロジェクトらしい。
  • 全世界のトップトレーダーが頭を抱えた「アダムのジレンマ」を世界で唯一解決に導いた究極のロジックらしい。

講師

デイトレMAXのマックス岩本さん

アダムセオリーとは?

J・ウェルズ・ワイルダー・ジュニアさんという、RSIやパラボリックなどのインジケーターを開発したテクニカル分析の第一人者であり、神様と称されている人物が1983年に100万ドル(当時のレートだと約2億5000万円)を出して購入した理論のことらしいです。

このアダムセオリーを使ってJ・W・ワイルダーさんが得た利益は1000億円以上にのぼるようです。

しかし、アダムセオリーはあくまで概念であり、素晴らしい理論にも関わらず、なんと、ITが発達した現在の相場にロジックとして落とし込むことができていません。

そのため、全世界のトップトレーダーからもこのことは「アダムのジレンマ」と呼ばれているようです。

しかし、マックス岩本さんは海外のトップトレーダー達からの情報収集を5年以上し続け、ついに「アダムロジック」を確立したらしいです。

なんだか非常に楽しみです。

ワイルダーのアダムセオリーを読んでみた

ワイルダーのアダムセオリーところで、このアダムセオリーについてパンローリングから
「ワイルダーのアダムセオリー」という著書が出版されています。
これ、アマゾンのkindle本だと、通常8424円で販売されているようなんですが、なんとkindleunlimitedの対象になっているので、タダで読むことができました(^^)

内容は書けないので、とりあえず目次です。

監修者まえがき
プロローグ
はじめに
第 1 章   アダムセオリーとは
第 2 章   おとぎ話
第3 章   マーケットで成功する ためには…… しなければならない
第 4 章   トレーディングは見た目よりもずっと単純なもの
第 5 章   マーケットにおいて重要なもの―― 価格
第 6 章   現実と理論
第 7 章   裁量の排除
第 8 章   トレーディングシステム
第 9 章   マーケットにおいて重要なもの―― トレンド
第10 章   トレンドとは何 か
第 11 章   反復の基本形態
第 12 章   正確な反復は何をもたらすのか
第 13 章   グレーテスト・シンメトリーを導くもの
第 14 章   セカンド・リフレクションの予測
第 15 章   セカンド・リフレクション・チャートの簡単な作図方法 
第 16 章   予想は何を含んでいるのか
第 17 章   どのマーケットでトレードすべきか
第 18 章   マーケット選択の復習
第 19 章   天井と底
第 20 章   マーケットに関する最も重要な格言
第 21 章   利益の最大化
第 22 章   ストップに引っかかったら
第 23 章   規律
第 24 章   アダムセオリーの復習
第 25 章   いつマーケットに参加するのか
第 26 章   取引例―― 綿花
第 27 章   第26 章の復習
第 28 章   トレーディング規則の10 カ条
第 29 章   10 カ条の解説
第 30 章   取引例―― イーストマン・コダック
第 31 章   取引例―― コーヒー
第 32 章   視覚化
第 33 章   遊び心を持った先物トレーダー
エピローグ
付録   日本円先物( IMM)

ボク、専門書なんかを読む場合は大抵「核心」の部分から読み始めるのが常なんですが、注意書きに、「本書の読み方について」ということで、

『本書の中身を見る前に、次のことに留意してください。新しい本を手にしたとき、ほとんどの人はまず目次に目を通し、本文を素早く流し読みして本の概要を理解しようとします。しかし、本書では、けっしてこのようなことはしないでください。』

というようなことが書かれていましたので、決して先へジャンプすることなく、頑張って最初から順に読みました^^;

とりあえず、トレンドフォローの中でも「究極」とも言える考え方が書かれていました。
ワンミニFXとか、フラッシュゾーンFXとかとはある意味真逆的な感じがしました。

EAの勉強をして常々、「相場はこうあるべき」とか「こうなるべき」ということを考えてしまっているボクにとってはものすごく耳が痛いというかハッとする内容が書かれていました。

以下、ボク的心に響いたフレーズを忘れないように書き留めたいと思います。

  • トレーディングは見た目よりずっと単純なもの。トレードするためには、 多くの不要なものを振り払わなければならない
  • 相場で成功するためには相場に身を任せることが必要
  •  もしマーケットが上昇すれば買う。そしてもっと上昇すれば、もっと買う。さらに上昇すればさらに買う。
  • 相場観に基づいたトレーディングはけっして行わない
  • すべての知識を放棄して望む者だけが、その変化に順応できる
  • マーケットで失敗する原因となる3番目の障害は、マーケットに対する知識不足ではなく、知識の過剰
  • すべてのテクニカル分析手法を捨てなければならないのでしょうか。そのとおりです。
  • マーケットで唯一重要なことは、現在、どの方向に動いているのかという事実だけ
  • 最も純粋で単純なトレーディング手法は裁量を排除すること
  • マーケットの選択作業は、利益を上げるために必要な条件の50%を占めるものであり、選択したマーケットでいかにトレードするかが残りの50%
  • 高く買って、より高く売れ
  • トレーディングでは、買うのに高すぎることはなく、売るのに安すぎることなどない
  • すでに動いているマーケットのみでトレードせよ
  • 天井と底は忘れるのです。トレンドがけっして終わらないという感覚でトレードするのです
  • ほとんどのトレーダーは天井と底をつかもうとします。そのほとんどのトレーダーは負けます

30年近く前に書かれた著書ですが、コンピューターによる数値分析が全盛のこのご時世にあっても心に留めておきたいフレーズです(^^)


前へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

2 Responses to “FXアダムセオリー・マスタースクールの検証・レビュー”

  1. UWF より:

    お世話になります。
    岩本さんのアダムロジック気になりますね。

    jin氏の長話にはイラッときましたけどw
    今回は塾形式になりそうで高額になりそうな予感が・・・
    また購入出来そうであれば宜しくお願いします^^

    • Michi Michi より:

      UWFさん、おはようございます。
      アダムセオリーの本は結構おもしろかったです。
      ボクも岩本さんのロジック、非常に気になっておりまして、価格次第ではゲットしてしまうかもしれません(^^)

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ