PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)をEAで検証してみた

TURBO FXが進化した

ターボFXを既に利用されている方は優待販売の案内があったと思うのでご承知かと思いますが、この度、TURBO FXが

PLATINUM TURBO FX

PLATINUM TURBO FX

へと進化しました。

その件で、ボクのところにも多くのご依頼やお問い合わせをいただきました。
そもそもボク、前作のTURBOFXについては、商材そのもののポテンシャルはもちろんですが、ロジックの公開デメリットの公表などに見られるような、商材販売の姿勢やアフターフォローにとても好感を持っていました。

ボク的には自分は石橋を叩いて渡るタイプだと思っておりますので(え?)、普段はこのような商材を購入する場合、ある程度の評価が出揃ってからということにしているんですが、今回はその進化を早く確認したくて居ても立ってもいられない状態になってしまいました。

ということで、一般公開は10/24の予定とのことなんですが、それに先立って、プラチナターボFXを使ってみましたので、ファーストインプレッションをちょっと書きたいと思います。
商材の購入を検討されている方は参考にして頂ければ幸いです。

どこがどう進化したのか?

優待販売のページを見ると、進化した点について、以下の4つの点が挙げられています。

  1. エントリーシグナルの精度向上
  2. 利益の最大化
  3. 使い勝手の向上
  4. 過去データの検証

1.については全てのFX商材に言えることですが、これが一番重要な点だと思います。
どんなにユーザーインターフェイスや見てくれ悪かろうが、使い勝手が悪かろうが、精度のものすごく高いサインを出してくれるのであれば、ボクは絶対買います。

逆に、どんなに勝てそうなインターフェイスであっても、どんなに優れたロジックであっても、曖昧なサインであればそれは使えないツール(またはロジック)ということになるでしょう。

前作のTURBO FXは、トレンド相場のサインは絶妙であるものの、やはり作者さんがおっしゃるようにレンジ相場にやや難があると感じていた方も多いのではないでしょうか。ボクもその一人です。

今回の「PLATINUM TURBO FX」では、小幅レンジでのエントリーを回避し、裁量判断の範囲を狭めるための複数の仕組みが取り入れられているということです。

もしこれが実現されているならば、これだけでも「最強」と言えるんじゃないでしょうか。

ちなみにエントリーの精度を向上させるために、ダウ理論によるトレンド状態をエントリーの条件としたり、RSIやATRを用いて小動きでのエントリーを回避したり、2本の移動平均線を用いて売買優勢な方向へのみエントリーするようにしたり、ADX用いて強いトレンド状態の時のみエントリーするようにしたりと、様々な対策がなされているようです。

詳細は10/24に出される販売ページに記載があると思います。
2.の利益の最大化について、ボクは小さな利益を確実にコツコツ積み重ねるのがターボFXの特徴のひとつだと思っていましたが、もし、「獲れるところでは獲る」というこの機能が実現するならば、それに越したことはないと思います。

3.の使い勝手の向上については、アラートメッセージに執行価格を表示したり、予告シグナルを出したり、損益表示をだしたりと細かなユーザーインターフェイスが改善されているようです。
ボク的にはこれらには1.や2.ほどの魅力は感じませんが、人によってはかなり重宝する機能なのかもしれません。

4.の過去データの検証については、これを待ち望まれた方も非常に多いんじゃないかと思います。

ボクがTURBOFXを購入した際に、真っ先に不便というか不満を感じたのがこの点でした。
正直話をすると、過去の相場においてどのようなタイミングでサインが出現するのかを理解せずには、エントリー時の裁量判断は難しいと思います。

ボクがまずはEAを作って検証している理由は、その商材のロジックに忠実にトレードしたらどのような結果になるのかを知りたいからなんですね。
たまに「この商材は裁量が前提なのでEA化するべきじゃない」などというご意見を見かけることがありますが、EA化すればその商材の基本性能が白日のもとにさらされる訳でして、基本性能を理解した上ではじめて裁量トレードが成り立つんじゃないかと思います。

逆を言えば「裁量が前提」という言葉でロジックの曖昧さを誤魔化すことが可能になる訳ですので、ロジックに自信のない販売者さんが自分のロジックをEA化してフォワードテストなどで公表することはないでしょう。

今回の「PLATINUM TURBO FX」では、バックテスト用のEAがバックエンドで用意されておりますし、将来的には自動売買用のEAもリリース予定とのことです。
このことは作者さんがこのロジックに絶対の自信を持ってることの表れだと思います。

PLATINUM TURBO FXの性能をフルに引き出すためにはこのバックテスト用のEAは必需品ですね。

バックテスト用のEAを試してみた

前置きがものすごく長くなってしまったんですが、早速バックテスト専用EAを使ってPLATINUM TURBO FXがどのような動作をするのか確かめてみました。

とりあえず、

TURBO FXとどう違うのか

というあたりを検証してみました。
以下、検証動画です。

時間が掛かるので、長期間は試していませんが、確かに小幅のレンジのエントリー回避について、TURBO FXよりも進化しているという感触を得ました。
ただし、それが完全という訳でもなさそうな感じもします。

次回はドラゴンストラテジーFXの検証でも自分的にかなりの好感触を得た、

エントリーは手動で、決済は自動で行う半自動EAでも作って検証してみようかなと思います(^^)


PLATINUM TURBO FXを特典付きで購入する

特典についてはこちらをご参照ください



前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

10 Responses to “PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)をEAで検証してみた”

  1. 田口 より:

    情報ありがとうございます。
    TURBO FXをこちらから購入したものです。
    便利な特典をいただき使わせていただいています。
    PRARINUM TURBO FXもこちらから購入したいのですが、どこから買えばいいですか?

    • Michi Michi より:

      田口さん、こんばんは。

      TURBOFXをご購入いただいたとのこと、ありがとうございました。
      また、プラチナターボFXの購入もご検討いただいているとのこと、重ねてお礼申し上げますm(__)m
      一般販売は10/24からのようなので、まだリンクは設定できないんですが・・・
      優待販売での購入をされるのであれば優待販売ページの下の方に申し込みボタンがあるのでそちらから購入できますよ(^^)

  2. 加藤 より:

    はじめまして。
    こちらで購入を検討していますが、作者ページのQ&Aをみますと「本システムでは、実際の取引はMT4を稼働させる業者とは別に使用することを想定しています。」と書かれていますが、同じだと問題があるのでしょうか?
    決済専用EA?を使用してみたいのですが、それだとMT4の業者で取引、になりますよね??
    宜しくお願い致します。

  3. Michi Michi より:

    加藤さん、はじめまして。
    プラチナターボFXの購入をご検討いただいているとのこと、ありがとうございますm(__)m

    > 作者ページのQ&Aをみますと「本システムでは、実際の取引
    > はMT4を稼働させる業者とは別に使用することを想定して
    > います。」と書かれていますが、同じだと問題があるのでしょ
    > うか?

    ホントだ。
    そのように書かれていますね。
    ボク、この辺はまったく注目していませんでした(汗)

    もしかしたら、売買のタイミングはMT4で見て、実際の売買はブローカ専用の低スプレッドのトレードアプリで行うことを言っているのかもしれませんが・・・・
    どうなんでしょう???
    この点は作者さんにお問い合わせいただいたほうが正確な回答が得られると思います。
    あまりお役に立てずスミマセンm(__)m

  4. 田中 より:

    はじめまして田中と申します。
    プラチナターボFX半自動EAに興味がありますが、既にプラチナターボFXを別で購入している場合特典以外で購入出来る方法はありますか?
    宜しくお願いします。

    • Michi Michi より:

      田中さん、はじめまして。

      プラチナターボFXの半自動EAにご興味をお持ちいただきありがとうございますm(__)m

      申し訳ないんですがこのEA、販売はできないんです。
      インフォトップで販売されている商材に特典としてつけることができますので、もし購入を予定されている商材などがあれば名称を教えて頂ければと思います。
      どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

  5. hukuda555 より:

    MT4に興味を持ち、チャレンジしています。
    お尋ねです。

    PLATINUM TURBO FXは複雑な計算をしているとか、
    プラチナターボFXの決済専用EAをWindow7のPCに

    9種類の通貨に搭載したいが、
    正常に動作するのでしょうか?

    何個が適切ですか?

    • Michi Michi より:

      hukuda555さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      PLATINUM TURBO FXについて色々勉強されているんですね。
      お疲れ様です(^^)

      さて、ご質問の件ですが、MT4を1つ起動して、チャートを9個開いてそれぞれに「pl_turbofx_close_ea」を適用させたところ、一応正常に動作するようでした。
      何個が適切か?とのことですが、それは多分PCの性能(CPUの性能とかメモリの量とか)に依存するところだと思いますのでご自分の環境で正常に動作するのか、デモトレードで確認して頂ければとおもいます。
      (多分9個くらいであれば余裕で動くんじゃないかとは思います)
      それから、複数のEAを動かす場合はそれぞれ固有のマジックナンバーにするようにしていただければと思います。ご参考まで。

  6. ジャンベ より:

    こんにちは。
    普段バックテストで使用するティックデータはどちらのをおつかいでしょうか?

    tickstory lite、tick data suite などが有名でしょうが、
    実際ティックデータの信憑性がわかりません。

    tickstory liteでは、モデリング品質99.9%だそうですが、データは正確なのでしょうか?

    また、ストラテジーテスターの最適化についてなのですが、
    最適化パラメータは何を選ぶべきでしょうか?

    遺伝的アルゴリズムにはどんな特徴があるのでしょうか?

    Michiさんのお考えをお聞かせ願いたいです。
    よろしくお願い申し上げます。

    ジャンベ

  7. Michi Michi より:

    ジャンベさん、こんばんは。

    ヒストリカルデータの信頼性については提供元によって差があることは承知しておりますが、ボク的には実はあまり重要視していないというのが実情でして、今使っているのはアルパリのデータだったと思います。
    遺伝的アルゴリズムについては、言葉自体は聞いたことはあるのですが、勉強不足でこれを使ってパラメータの最適化をしたことはありません。
    参考にならなくてごめんなさいm(__)m

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ