トレテンワールドFXのフォワードテスト

先月発売された、

トレテンワールドFX

について、複数の方から検証依頼を頂いていただいておりました。
実は先月の下旬に購入してフォワードテストを始めていたにもかかわらず、なかなか時間がなくて記事にできなかったのですが、ようやくちょっと時間が出来ましたので、フォワードテストの経過などについて書きたいと思います。

トレテンワールドFXとは

一言で言うと

トレンド転換を狙うサインツール

ということになると思います。

トレードスタイルは、デイトレードの逆張り
推奨通貨ペアは ドル円、ユーロドル、ユーロ円
推奨時間足は1時間足
となります。

トレテンワールドFXの特徴

まず、エントリーも決済もルールが明確です。

サインツールに基いてトレードを行う商材では、

  • 全てのサインでトレードしてはダメ
  • 簡単な裁量判断でサインを取捨選択する必要がある

というお決まりのフレーズをよく目にします。

これ、ボク的に言わせてもらえば、

簡単な裁量であれば初めからシステムに組み込んで不要なサインを出さないようにすればいいんじゃない?

って思うんですが、多くの商材の場合残念ながらそういうことはしていません。

また、裁量を入れればパフォーマンスは上がる、という前提で語られることが多いと思うのですが、ボク的に言わせてもらえば、

実際は裁量を入れることによってパフォーマンスが上がる確率と下がる確率は同じくらい

だと思っています。

よくトレンド相場とレンジ相場を裁量で見極めて・・・、などと言ってる販売者さんがいます。

そのような販売者さんは大抵1~2回の局所的なトレードを取り上げてあたかも全体がそうであるかのようなことをいう場合が多いようです。

本来トレードは何百何千何万回のトレードのトータルで利益を狙うものだと思うので、1~2回の局所的なトレードの場面を取り上げて語ってもほとんど意味がありません。
それよりもデモ口座でもいいので口座開設から現在までのそのロジックを使った全トレード履歴を公開していただいたほうが、トータルで利益が出ているのかどうかが一目瞭然なのでよほど意味があるし、説得力もあると思うのですが、そのような販売者さんに履歴の公開を求めても、なんだかんだ理由を付けてほぼ100%履歴を公開するようなことはありません。多分デモでさえも勝ってないからだと思います。

過去チャートを見て論評するのはとても簡単ですが、リアルタイムでそれを見極めるのはとてつもなく難しく、もしそれができるのであれば大抵の人は億万長者になれると思われます。

で、このトレテンワールドFXにおいては、レンジ相場が不得意であることを明らかにした上で、その短所を排除するフィルターをあらかじめシステムに組み込んでいます。(それが適切なフィルターなのかは今のところ不明ですが・・・)

なので、基本的にはユーザーは

サインを裁量で取捨選択する必要がなく

出現した全てのエントリーサインでエントリーし、ルール通りに決済することが可能になります。

これがボク的にはこの商材の最大の特徴だと思います。

ちなみに、マニュアルには裁量的な部分として

その他追加ルール

が挙げられています。
それは
利益確定、もしくは損切りが5pp以下になる場合はエントリーを見送る
というものです。

理由は
「単純に利幅が狭いため、エントリーしても旨味が少ない」
ということと、
「利益確定(損切り)は最大○ポイント以上離して下さいという設定の都合上」
の2つが挙げられていますが、

一つ目は、たとえエントリーしてしまって利益が出るにしても損失が出るにしても幅が小さいので大勢にほとんど影響がありません。しかも利益になるか損失になるかの確率はぼぼ半々だと思います。

二つ目は、そもそもエントリーができません。

また、この追加ルール、明確すぎるのでそもそも裁量ではないと思われます。

さらにここまでルールが明確ならそもそもEAにして売ればいいじゃないかって話になるのも当然だと思うんですが、多くの商材の場合それはしていません。

で、このトレテンワールドFXの場合はなんとEAも付属しており、パフォーマンスが悪い場合、裁量判断が悪いからという言い訳は一切通じず、ロジックの良し悪しが白日の下さらされるいうことを覚悟の上で販売しているところに潔さを感じます。

これもまたこの商材の特徴のひとつといえるんじゃないかと思います。

トレテンワールドFXのロジック

トレテンワールドFXのサインツールでは大小2種類の矢印が出現します。

大矢印は「売られすぎ」や「買われすぎ」を示すオシレーターに基いて表示されており、小矢印は相場の方向の転換点で表示されていると思われます。
また、小矢印は直近の大矢印の方向のみに出現すると思われます。

なので、ロジックとしては

「売られすぎ」あるいは「買われすぎ」の相場において相場の方向の転換点で逆張りエントリーする手法

ということになると思います。

決済についてはエントリーの1つ前の足の始値と終値の幅をTPとSLに置くという、

リスクリワード1:1の決済手法です。

フォワードテストをしてみた

ということで、付属しているEAを使ってフォワードテストをしてみました。

開始日 :2017/11/22
通貨ペア:ドル円、ユーロドル、ユーロ円

開始してまた10日ほどしか経っていないしトレード数も少ないのであんまり参考にならないかもしれないんですが、今のところこんな感じになってます。

http://www.eamt4.net/wp-content/uploads/2017/12/toreten.htm

サンプル数が少ないものの、リスクリワード1:1で勝率が66.7%というのは滑り出しとしてはなかなかといえると思います。

バックテストについて

このロジック、時間によるフィルターを利用しているので、半年を越える長期間のバックテストは不正確だと思われます。

正確に行うとすれば、夏時間と冬時間を考慮して半年ごとに行い、それを積み上げる必要があると思います。

販売ページに掲載されているレポートはそれを考慮しているのか不明ですが、自分でやる場合には結構手間がかかると思います。

思ったこと

以下思ったことを徒然なるままに書きます。

  • 大矢印は売られすぎや買われすぎを示すもので、本来はレンジ相場で有効な指標だと思われ、長いトレンド相場では効果が薄く、エントリーサインの小矢印が究極の逆方向エントリーになる場合も結構あると思われる。
  • エントリーチャンスが結構少ない
  • リスクリワード1:1で、レンジ相場の時間帯で勝率42.8%だったらその時間帯は順張り(逆トレード)すればよいのでは?
  • 潔い販売姿勢には共感するが、勝てるかどうかは別問題なので、しばらくフォワードテストで様子を見てみたい

今後のこと

  • トレンド転換のサインをトレンド中の押し目や戻り目と捉えるのも結構おもしろいのでは?

動画による解説


トレテンワールドFXを特典付きで購入する!


特典について

当サイトからトレテンワールドFXをご購入いただいた皆様には以下の特典をプレゼントさせていただきます。

他に特設ページを作った際のパスワードファイルも入れています。

特典第1弾

BBRenger

使い方はこちらをご覧ください。

 


ご注意

  • 特典を受け取るためには購入画面で下の表示がされていることを必ずご確認下さいm(__)m

インフォトップからの特典の受け取りはこちらをご参照下さい


前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

4 Responses to “トレテンワールドFXのフォワードテスト”

  1. やまね より:

    付属のEAに関して質問ですが、売買時間帯の指定もパラメータで設定できるのでしょうか?
    冬時間になってからのバックテスト結果も知りたいです。

  2. kazu より:

    上記の「トレテンワールドFXを購入する」をクリックすると「FXトレードギア」にとんでしまいます。

    • Michi Michi より:

      kazuさん、こんばんは。

      ご指摘いただきありがとうございましたm(__)m
      修正しておきました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ