「ストキャスで最強に近い手法 」をEA化

ネットでこんな記事を見つけました。

じゃあ5人レスついたから晒すね
今は違う手法使ってるけどこの方法もかなり勝てる
ストキャスで最強に近い手法
1分足 ボラが高い通貨ペア 15時以降推奨
ストキャスの設定をK100、D30、Slowing10の100,30,10に設定する
Kラインが20より下の時に20を上回ったときにロングでエントリー
損切りは80に届かずに20を下回ったとき
利食いは80を上回りDラインとクロスしてかつ80を下回ったとき
Kラインが80より上の時に80を下回ったときショートでエントリー
損切りは20に届かずに80を上回ったとき
利食いは20を下回りDラインとクロスしてかつ20を上回ったとき

騙しを減らしたい場合は100,30,20に設定する
より早くエントリーしたい場合は50,30,10も使えるけど騙しも増える

相場の状況によって使い分けるといい
俺は3つ全部表示して総合的に判断してた

最強に近い手法ということなので、EA化して検証してみたいと思います。

バックテストの条件

  • 期間: 2013/3/1~2013/3/22
  • 時間: 15時~23時
  • 売買方法: 記事の通り
  • パラメーター: K100、D30、Slowing10

バックテストの結果


残念ながらこの条件ではパッとした結果にはなりませんでした。
売買ポイントはこんな感じ

バックテストの検証

記事では1分足で、ということだったのですが、思わしい結果がでなかったので、5分足、15分足、30分足など、試してみましたが、残念ながら利益は出ませんでした。

今回のテストでは残念ながら最強に近い手法と言えるような結果は出ませんでしたが、記事をよく読んでみると、相場の状況によって設定を使い分け、3つ全部表示して総合的に判断しているということなので、そうしたことができればもしかしたら良い結果になるのかもしれませんね。

ストキャスティクスを使って上昇トレンドで押し目買いする方法

ストキャスで押し目買い

 


勝ちトレーダーの最強ストキャス理論」について


 


前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

32 Responses to “「ストキャスで最強に近い手法 」をEA化”

  1. たかたか より:

    こんにちは。早速エディタ買いましたよ。
    昨日から早速作成はじめました。

    システム自体はなかなか良いですが条件設定が慣れてないせいか戸惑ってます。

    私もストキャスに興味があってトライしてるんですが結果は惨敗です。

    今回のロジックはスキャルなのですが

    15分足と1分足を使用します。

    15分足はトレンド確認用なのでストキャスは入れないです。

    1分足にストキャスを入れて管理人さん

    の条件がそろえばトレード。

    エディタを使用して2つのチャートを見てEA作成って出来ないんでしょうか?

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      エディタ購入されたんですね。
      ボクもまだまだ試行錯誤中です。
      慣れないとなかなか難しいですよね。

      > エディタを使用して2つのチャートを見て・・・

      とのことですが、オンラインヘルプ

      http://www32.atwiki.jp/mt4eaeditor/pages/15.html

      を見てみると

      「必ずEAEditorのインジケータをセットするチャートは一つだけにしてください。
      複数セットしてあった場合は、どのチャートが実行されるかわかりません。」

      と書かれているので、EAEditorのインジケータをセットできるのは1つのチャートに限られるようです。
      ただ、そのチャートに複数の他のインディケーターをセットすることはもちろん可能ですよ。
      また、EAEditorのインジケータをセットしないのであれば複数のチャートを開いて、それを見ながらロジックの検討をすることはできると思います。

      ボクもまだまだ初心者ですので一緒に勉強させて頂ければ嬉しいです。
      今後ともよろしくお願い致します。

  2. たかたか より:

    Michさま

    おはようございます。

    やはりEAEditorインジの複数チャートセットは無理ですよね。

    15分でトレンド確認して1分でトレードのロジック作成したかったです。

    残念。

    昨日もいろいろ作成してみました。

    過去3ヶ月で勝率88%のEAできたんですけど買いしか駄目なんです。

    売りも入れると50%に落ちるんです。同じロジックなんですけどね。

    なかなか難しいもんですね。

    画像とかが張り付けれたらもっと交流が広がるかと思います。

  3. Michi Michi より:

    たかたかさん、こんばんは。
    なるほど、そういうご質問だったんですね。
    マルチタイムフレーム対応のストキャスのインジケーターを利用して、1つのチャートにインジケーターを2つドラッグして、それぞれのタイムフレームを1分と15分に設定すれば多分可能だと思いますよ(^^)

    過去3ヶ月だと上昇トレンドって訳じゃないのに勝率88%ってスゴイですね!
    ボクもそんなEAを作ってみたいです。

    画像が貼り付けられるのはいいですね。
    ということで、画像が添付できるようにしてみました。
    是非ご活用下さい。
    アドバイスありがとうございました。

  4. たかたか より:

    こんばんは。
    ご返事ありがとうございます。

    画像まで対応いただき感謝でございます。

    ルールはこうです。
    15分足チャートでトレンドを確認。そして1分足チャートでエントリーのタイミングをストキャスティックス使って計る。上昇中ならストキャスティックスの20のレベルを抜けたら買いのみ。下降中ならストキャスティックスの80のレベルを抜けたら売りのみ。15分足チャートでトレンドを確認。そして1分足チャートでエントリーのタイミングをストキャスティックス使って計る。上昇中ならストキャスティックスの20のレベルを抜けたら買いのみ。下降中ならストキャスティックスの80のレベルを抜けたら売りのみ。

    こちらがそのURLです。
    http://pipdealer.ti-da.net/e3543407.html

    よく分からないのですが、ご返事いただいた「マルチタイムフレーム対応のストキャスのインジケーターを利用」で可能ということでしょうか?

    まずは15分でトレンド発生が肝なんです。

    押し目と戻り売りのトレードですよね。

    きっと勝てると思うんです。

    それとすいません。

    「MT4EAエディタ」でトラブル発生です。

    保存→読み込みしても「eaeditor.tpl」ファイルが見当たりません。と
    エラーで先に進めなくなっちゃいました。

    保存は一瞬で画面が消えるのできちんと保存が出来たのか不明なんですが・・・。

    データーウィンドとチャートの内容は一致しているのですが「MT4EAエディタ」が機能していないようです。

    一応作成者さんには連絡しているのですが返信無しで困っています。

  5. Michi Michi より:

    たかたかさん、こんばんは。

    なるほど。
    ということは、1分足、15分足しのインディケーターが両方ともストキャスじゃなくてもいいってことなんですね。

    だとすれば、1分足のチャートに「Stochastic.mq4」をセットして、もうひとつトレンドを確認するインジケーターとしては例えばMTF対応の「#MTF_MovingAverage.mq4」をセットして、タイムフレームを15分に設定すればフィルターとして利用できるんじゃないかと思います。

    それから、「eaeditor.tpl」ファイルが見当たりません。とのエラーが表示される件ですが、もしかしたら参照するフォルダーが間違っている可能性があると思います。
    ボクの環境だと「eaeditor.tpl」はMT4がインストールされているフォルダの「templates」というフォルダーに保存されているので今一度確認してみていただければと思います。

    • たかたか より:

      Michiさま

      お世話になります。

      1分足のチャートに「Stochastic.mq4」と「#MTF_MovingAverage.mq4」を

      セットして、タイムフレームを15分に設定。

      これで1分足チャートに15分トレンドが表示された事になります。

      さて問題はここからです。

      EAエディタで条件文がうまく作成できなくて困っているのです。

      買いの場合
      ①「#MTF_MovingAverage.mq4」15分はトレンドであること。
      ②「Stochastic.mq4」は20からレートが下抜け(上昇)であること。

      この2つの条件が揃ってエントリー可なのですが
      ①「#MTF_MovingAverage.mq4」15分はトレンドであることの条件文が
       どう書けばよいのか?
       ローソクの角度を条件文にするのが?なのです。
       Michiさまでしたらどのように記述されますでしょうか?

       よろしくお願いします。
       一応画像を添付しておきます。

  6. Michi Michi より:

    たかたかさん、こんばんは。
    「#MTF_MovingAverage.mq4」15分はトレンドであることの条件文が
     どう書けばよいのか?とのことですが、ボクだったら現在の足の値と15足前の値を比較して上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断すると思います。
    具体的には添付画像みたいな感じで。

    参考にして頂ければ幸いです。

    http://www.eamt4.net/archives/410
    にEA化の記事も書いてみました!

  7. たかたか より:

    こんばんは。

    「#MTF_MovingAverage.mq4」15分はトレンドの回答ありがどうございます。

    添付画像も大変参考になりました。

    ありがとうございます。

    EA記事拝見しました。昨日からいろいろ作成しているのですが私

    の場合は利益が出るんです。

    ストップ入れないからなんでしょうけど・・・。

    これじゃ~スキャルの意味ないじゃんってことですよね。

    あと条件文ではストキャス20クロスで買いなんですが

    結果チャート見たらロジック通りでトレードしてないんです。

    ???なぜなんでしょうか・・・。

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんばんは。
      http://www.eamt4.net/archives/410
      ではストップの幅を6pipsにしたので損切りがかなり多かったです。

      ストップの幅を最適化すればもっといい結果になるかもしれませんね。

      エントリーのタイミングについてですが、チャートを見ると4~5足くらい前のラインを判断してエントリーしているように見えますが・・・そのような設定になっていませんか?

  8. たかたか より:

    こんにちは。

    ご返事ありがとうございます。

    MTF_MovingAverage.mq4の使い方、見方がよく分からなくて足の設定が間違っていたようです。

    シフト1で良いのでしょうか?

    なんか1本分だけだとトレンド判断が弱いように感じるのですが

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんにちは。

      画像が縮小されていて字が読めないのでちょっとわからないんですが、ストキャスのクロスのタイミングよりエントリーのタイミングが遅いということなんですよね?

      だとすれば、MTF_MovingAverage.mq4のシフトはあまり関係ないと思われます。(^^)

      ストキャスのクロス条件のシフトが4とか5とかになってないでしょうか?

  9. ysortho より:

    すごいEAできましたwww
    EAの勉強にと思ってとある友人からもらったmq4ファイルをいじって遊んでいたら画像のようなEAができました。
    われながら見事な負けっぷりにちょっと感動してしまい思わず投稿してしまいました。

    • Michi Michi より:

      ysorthoさん、こんにちは。
      きれいな右肩下がりですねwww
      買いのポイントで売って売りのポイントで買えばもしかしたら・・・(^^)

      • ysortho より:

        こんばんは。
        やっぱりそう思いますよね。
        実は逆にしてみようと思ったんですが、知識不足でうまくいきませんでした。なんとなく逆になるんですが完全に逆になってくれないんです。
        友人にもいじってもらったんですがあまりうまくいかないとのことでした。
        あと、負けの平均が6程度だとスキャルの場合スプ負けする危険があるので、パラメーターをいじってもう少し負けの幅を大きくした上で(変な表現ですがw)リバースコピートレードのソフトを使って実験してみようと思います。力技ですけどね。
        結果がわかったらまたご連絡します。

  10. たかたか より:

    こんばんは。

    ご無沙汰しています。以前は大変お世話になりました。

    日々EA作成に取り組んでるんですけどパッとしたものはできなくて

    苦戦中でございます。

    今日の質問は逆張りロジックです。

    「MT4EAエディタ」で書いたのですがエントリーしないのです。

    ん~いろいろ変えてみるんですけど駄目駄目です。

    添付で資料送りますので解説いただけませんでしょうか。

    • たかたか より:

      すいません。

      インジケーターとエディッタ画像を送付したいのですが

      zipファイルの送付ができないようです。

      インジケーターを送付しないとたぶん分からないと思うんですよ。

      • Michi Michi より:

        たかたかさん、こんにちは。

        う~ん・・・
        残念ながらボクのブログではzipファイルには対応してないみたいですね。

        どこかにアップロードしてもらえらば見られると思うんですが・・・

  11. たかたか より:

    こんばんは。

    ではこちらに内容を保存しました。

    EAが完成すれば結構いけると思うんです。

    よかったらご確認お願いします。

    http://taka0603.seesaa.net/

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんにちは。

      zipファイルのアップロードありがとうございます。
      早速ダウンロードして中を拝見しました。
      トレンドの押し目を狙った逆張り(トレンドフォロー)のロジックですね。
      26本分の遅行スパンを使っているのはトレンドの転換期でエントリーしないようにする工夫だとお見受けしました。
      面白い考え方ですね。とても参考になります。

      さて、「MT4EAエディタ」で書いたEAがエントリーしない、とのことについて考えてみました。
      ボクが思うに2行目の
      「●比較 01,BBF_Base,val_5,0 = レート値,終値,0であれば」
      が原因なんじゃないかと思います。
      レート値が常時激しく変化する中で、BBF_Base,val_5,0の値と小数点3位まで同じになる瞬間はない、もしくはあったとしてもスリップの関係でエントリーできないと思われるからです。

      「=」の使い方としては、例えば「ポジション数=0」など、整数で出力される値を判断基準にする場合に用いるのがいいと思います。

      レート値の比較の場合は、比較条件であれば「>」や「< 」を使う、もしくはクロス条件を使用するほうが確実にエントリーするんじゃないかと思います。 ということで、とりあえず買い条件のみで試してみました。 条件の「ピンクラインが赤ラインからはみ出ていないこと」 は、「現在のレート値が26足前の赤の値よりも大きいこと」と同義だと思いますのでそのように設定しました。 インディケーターの計算が複雑なのか、テストにかなり時間がかかるので短期間しか検証していませんがたかたかさんがおっしゃるように結構イケると思います! ちなみにMT4EAエディタの設定も添付します。 おもしろいロジックを教えていただいてどうもありがとうございました。 ものすごく勉強になりましたm(__)m バックテストの結果↓ http://www.eamt4.net/wp-content/uploads/2013/08/BBF.htm

  12. たかたか より:

    Michiさま

    こんばんは。

    早速に作成ありがどうございます。

    なるほど・・・=ではなく、ですね。

    今こちらでもEURUSDでバックテストしてます。

    このトレードはレンジ中の逆張りらしいです。

    以前に有料で購入した裁量トレードです。

    私の場合、日中は仕事があるのでトレードできないもので

    ずっとEA作りたかったんです。

    ありがどうございました。

    あと別の裁量トレードもあるんです。

    1年で10万が1,000千円になった手法のようです。

    こちらもうまく作成できず困惑中です。

    またご相談させてもらうかもです。

  13. たかたか より:

    すいません。

    BBFで質問がもう一つありました。

    実はナンピンの設定がよく分からないのです。

    下の赤ラインタッチで買いですが、時として赤ラインの突き抜ける場合があります。

    1回目は赤ラインクロスで買いですが

    2回目として1回目の買いから10PIP下落したらナンピン(1回目×2倍ロット)

    3回目として2回目の買いから10PIP下落したらナンピン(1回目×4倍ロット)

    どう頭をひねっても分からないんです。すいません。こちらの記述もレ

    クチャーお願いできませんか。

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんにちは。

      有料のものを色々購入されているんですね。
      羨ましい限りです。
      1年で10万が1,000千円ってすごいですね。
      うまく作成できるといいですね。

      ナンピンの設定についてですが、「変動ナンピン買い注文」で対応できますよ。
      設定としては
      Lot数 初期Lot数×(2,4)
      pips間隔 (10,10)

      また、その場合、全般設定の「同時最大保有数」を買い3個にする必要があります。
      バックテストをすると下のように右肩上がりになるんですが、ドローダウンが大きいのでナンピンのロスカット設定もお忘れなく!

      http://www.eamt4.net/wp-content/uploads/2013/08/nanpin.htm

  14. たかたか より:

    こんばんは。

    いゃ~早い対応ありがとうございます。
    感謝感激です。

    ドローダウンが怖いトコですがすばらしい結果ですね。

    今EURUSDの1時間足でバックテストしています。

    果たしてどんな結果になるか楽しみです。

    ありがどうございます。

    別件で質問なんですが

    買いロジックを組んでいるのですが下落トレンドの戻りで

    買ってしまううんです。

    当然ながら下落トレンド中なので買いはNGの局面なんです。

    下落トレンド中には買いを入れなくする方法ってご存知でないですか?

  15. たかたか より:

    おはようございます。

    BBFのバックテスト完了しました。

    Michi さんと同じUSDJPY30分足の7/1からです。

    なのに結果がぜんぜん駄目なのです。

    ロジックはMichiさんと同じなのに(ストップだけ変更)

    見返してみたのですが特段相違している箇所は無いんですが。

    すいません。理由が分からないのです。

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんにちは。

      > 下落トレンド中には買いを入れなくする方法ってご存知でないですか?

      トレンドの判断をするインディケーターをフィルターにするっていうのが一般的だとは思うんですが・・・・ それが難しいんですよね^^;
      ボクも実は同じようなことで悩んでます。
      ただの押し目なのか、それともトレンドの転換期なのか。
      これを的確に判断するインディケーターがあれば負けないかもしれませんね。

      > 結果がぜんぜん駄目なのです。

      そうなんですか(;_;)
      ボクはコントロールポイントでバックテストを行ったので、それが原因か、もしくはヒストリカルデータの違いか・・・。
      それともshift0で売買ポイントを決めていることが原因か。
      リアルトレードでバックテストと同じような結果を期待するにはshift1を使って足が確定してから売買するようなロジックを組まないとダメかもしれないですね(;_;)

  16. たかたか より:

    こんばんは。

    ん~困りました。

    ソフトの不具合ですかね。

    「コントロールポイントでバックテスト.」って書き込み拝見しましたが

    「コントロールポイント」って何ですか?初耳です。

    一応バックテストの結果です。
    ナンピンもしていないんですよ。

    http://taka0603.seesaa.net/

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんばんは。
      今ちょうど動画キャプチャーの実験をしていたので動画でお返事差し上げたいと思います。
      参考になりますでしょうか・・・(^_^;)

      http://youtu.be/0ha7bTkA07Y

  17. たかたか より:

    こんにちは。

    お世話になります。

    いゃ~動画までいただいて感謝でございます。

    なるほどナンピンの記述列の問題だったのですね。

    ナンピン設定が1行と同時場所っていうのはどういった解釈なんでしょう。

    これってマニュアルないので自分自身で把握って難しいですよね。

    あと、今テストしていますが結果は良好のようです。

    いつもは「全スティック」でやっていましたので気がつきませんでした。

    「コントロールポイント」は信頼性に欠けるってありますがどちらも結果は

    同じようです。

    さてこれでリアルテストの準備も出来たのでご推奨の「お名前.com」で
    1ヶ月ほどデモ口座でテストします。

    ここで疑問なんですがMichiさんは複数EAテストされる場合、

    1つのMT4で1EAでやられていますか。それとも1つMT4で複数EAを

    稼動されていますか?

    私としては1デモ口座で複数EAを稼動するのは結果がぐちゃぐちゃに

    なると思うんで1デモ口座1EAでテストするのがベターと思っています。

    でもその場合、たくさんのデモ口座が必要になるので手間だな~って

    思うんです。どのパターンが効率的なのでしょうか?

    あと他にもおもしろいロジック沢山あるんです。

    Michiさんもお忙しいと思うのでちょっと遠慮したほうがいいかと思って

    いるんですがまた質問させてもらってもよいですか?

    • Michi Michi より:

      たかたかさん、こんにちは。
      ナンピンの解説は
      http://www32.atwiki.jp/mt4eaeditor/pages/33.html
      にのってますよ。変動ナンピンの他に定幅ナンピンの記述についても載ってますので参考になると思います。

      > 1つのMT4で1EAでやられていますか。それとも1つMT4で複数EAを稼動されていますか?

      ボクも1つのデモ口座で1つのEAを動かしてます。
      申請するのがちょっと面倒ですが・・・しょうがないですよね(^_^;)

      質問の件、返事は時間に余裕のあるときにしかできないと思いますが、ボクも勉強になるのでどんどんしていただいて結構ですよ。
      質問は、できれば関係のある記事のコメント欄にして頂ければありがたいです。
      例えばMT4EAエディタ関係の質問であれば
      http://www.eamt4.net/mt4/mt4eaeditor.html
      にしていただければ嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします。

  18. たかたか より:

    こんばんは。

    確かにナンピンの説明は出てますね。

    以前に見た記憶はあるのですが

    まさか記述列にルールがあるとは思いませんでした。

    ありがとうございます。

    別件ですが、またまた質問です。

    ネットでインジケーターの解説を見たときに

    「ストキャスティックスの線2本が上向きになっていること」とか

    「移動平均線」の角度が30度以上であることって表現を目にします。

    裁量だったら見た目でおおよその判断ができるのですが

    いざEA作成と思ったら???です。

    「線2本が上向き」とか「角度が30度以上」ってどうやって記述されてい

    ますか?

    よろしかったら解説お願いします。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ