バックテストの方法

ヒストリーデータ(ヒストリカルデータ)について

メタトレーダーを使ったバックテストにはヒストリーデータが不可欠です。
実はヒストリーデータにも有料のものから無料のものまでいろいろあるってこと、知ってました?

一番簡単にヒストリーデータを集める方法はMT4(MetaTrader4)を起動して、
「ツール」→「History Center」→「Download」で MetaQuotes社のデータを利用する方法だと思うんですが、このMetaQuotes社のデータ、ある期間のデータが欠落していたり、全くデタラメなデータだったりと実はあまりよくないようです。

ということで、このデータを使わずに、無料で精度の高いデータを提供しているFXDDのヒストリーデータを利用しましょう。

ヒストリーデータのダウンロード

FXDDのヒストリーデータはこちらから必要なものをダウンロードして下さい。

例えばドル円のデータを利用したい場合は
「USD/JPY」をクリックすれば
pic1

「USDJPY.zip」がダウンロードされます。

このデータはZIP圧縮されているので解凍ツールを使って解凍すれば「USDJPY.hst」が生成されます。
とりあえずデスクトップにでも保存しておいてくださいね。

各時間足のデータを生成するスクリプトファイルのダウンロード

ところでダウンロードした「USDJPY.hst」は1分足のデータです。
各時間足のバックテストを行うにはこの1分足のデータを利用して各時間足のデータを生成する必要があります。

この作業を自動でやってくれるのが「period_converter_ALL.mq4」というプログラムですのでこちらからダウンロードして下さい。(ZIP圧縮されてます)

以上でファイルの準備が整いました。

インストール作業

  1. 既存データの削除
    ダウンロードしたヒストリーデータを利用するためには、既にあるヒストリーデータを削除する必要があります。
    メタトレーダーのインストールフォルダ内の[history]というフォルダーにあるファイルとフォルダを全て削除します。

    メタトレーダーのインストールフォルダの探し方

    以下の手順でMT4のインストールフォルダーが開きます。

    メタトレーダー4のアイコンを右クリック→プロパティをクリック
    ファイルの場所を開く(F)をクリック

    pic2

  2. period_converter_ALL.mq4の設置ダウンロードした「period_converter_ALL.mq4」をMT4のインストールフォルダ内のexpertフォルダの中にあるscriptsフォルダーにコピーします。pic3

  3. ヒストリーデータのインストールMT4を起動し、メニューバーの「ツール」→「History Center」をクリック。
    インストールしたい通過ペアをダブルクリック→1Minute(M1)をダブルクリック
    「インポート」をダブルクリックpic4開いた画面で「Brows」をクリックし、事前にダウンロードしたヒストリーデータ(USDJPY.hst等)を選択し「OK」を押す。これでヒストリーデータ(1分足)がインストールできました。
    いったんMT4を終了します。
  4. 各時間足の作成 

    MT4を再起動し、メニューバーの「ファイル」→「オフラインチャート」をクリック開いた「オフライン・チャート一覧」の画面で先程インポートした通貨ペアのM1ヒストリーデータ(USDJPY,M1等)をダブルクリック。開いたチャートにナビゲータ画面からScriptsからperiod converter ALLをドラッグ&ドロップpic5 

    MT4を再起動してください。これで各時間足が作成されました。


前へ( )次へ(
★ブログにはちょっと書けないEAの話はこちらで★
★プログラムに関する話も多分こちらで★
メルマガ購読・解除
 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ